スポンサーリンク

天国と地獄~サイコパスな2人~出演者と主題歌をおさらい!

ドラマ・映画
スポンサーリンク

2021年1月17日(日)からスタートする「日曜劇場 天国と地獄~サイコパスな2人~」を観ようと思ってる人はどんなドラマか気になります!!

まず豪華な出演者たちが気になりますよね。

ダブル主演の綾瀬はるかさん、高橋一生さん、そして脇を固める柄本佑さん、北村一輝さん、溝端淳平さん、中村ゆりさん、岸井ゆきのさん。

負けず嫌いな女刑事望月綾子(綾瀬はるか)と連続殺人鬼(高橋一生)が魂が入れ替わってしまうスイッチサイコパス。連続殺人事件の行方と入れ替わってしまった二人はどうなってしまうのか。

刑事と犯人が入れ替わってしまうことが何かを意味するのでしょうか。

ドキドキハラハラが止まりそうにありません( ´艸`)

スポンサーリンク

天国と地獄~サイコパスな2人~登場人物の関係とは?

主な登場人物と人間関係気になりますよね?

皆さんも事前の予告などで観ているかもしれませんが、さらっと整理しておきましょう!

↓↓の人間関係図から見ていきます

真面目な彩子(綾瀬はるか)は昨年から警視庁捜査一課で働いているが、職場では冷遇されどうにか自分を馬鹿にする周囲をあっと言わせ一矢報いたいが空回りがつづき、同僚の河原(北村一輝)からもパワハラやセクハラを受けくやしい思いをしていた。

彩子の後輩の八巻(溝端淳平)とバディを組んでいるが、定時に帰りたがったり、なんとも「ゆとり」色が抜けないなんとなく頼りない存在。

彩子は真面目で正義感がつよく、負けず嫌いでいつか大手柄をあげたいと日々捜査に打ち込んでいるが、ある殺人事件の容疑者を独自の捜査で特定した。

それが、コ・アースの社長日高(高橋一生)だ。

その周囲に存在する秘書の五木(中村ゆり)、彩子のプライベートで足を引っ張る渡辺(柄本佑)。

彩子が日高に接近し、追い詰めていくところで、ありえない展開が・・・・

彩子と日高の魂が入れ替わってしまうのです。

この先の展開は、ドラマが始まったら一緒にドキドキしていきましょう!

主題歌は手嶌葵の「ただいま」至極のバラード

ウィスパーボイスが印象的な手嶌葵さんが主題歌を歌ってます、しっとりしたバラードがストーリーをより深めていきますね。

手嶌葵さんは地上波のドラマ主題歌は5年ぶりで2回目とのことだそうです。

作詞がいしわたり淳治、作曲・編曲が村松崇継のヒットメーカーコンビがタッグを組んだ話題曲。

ドラマをより一層、スイッチサイコパスの世界に引き込まれること間違いなしですね。

まとめ

スイッチサイコパスというとんでもない展開には何が潜んでいるのでしょうか。

そして魂がなぜ入れ替わってしまうのか。

この先の展開が見逃せませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました