スポンサーリンク

滝沢カレンの四字熟語あだ名が天才的過ぎ その一覧を紹介

エンタメ
スポンサーリンク

滝沢カレンさんといえばバラエティ番組で独特の日本語?で注目されていますよね。

モデルさんでカワイイけど発言が面白すぎるとネットで話題になってます。

特に芸能人への「あだ名」の付け方が的確というか、秀逸というかついつい笑ってしまうので

今回は滝沢カレンさんが付けたあだ名について紹介していきます。

スポンサーリンク

滝沢カレンの四字熟語のキッカケは?

出典元:情熱大陸ホームページより

滝沢カレンさんは今では四字熟語あだ名の名づけで話題になっていますが、そのキッカケとなった番組は何か調べてみました。

その番組は「行列のできる法律相談所」であることがわかりました。

出演した際に漢字が読めないことをいじられて反論したとき「四字熟語が得意!」と発言したことから始まっているようです。

当時同時に出演していたアンジャッシュ渡部さんが以前、滝川カレンさんにあだ名をつけられたことを暴露。

その時のあだ名が「芸風過多」だったことが大盛り上がり、次々にその時出演していた芸能人に思いつきのあだ名を付けて一気に四字熟語あだ名が話題になりました。

この「行列のできる法律相談所」がキッカケで滝沢カレンさんは出演する番組のたびに四字熟語あだ名を芸能人に次々と名付けていったのです。

名付けられたあだ名はどれも納得してしまう、不思議な感覚は滝沢カレンさんの直観力の鋭さなのかもしれませんね。

滝沢カレンの摩訶不思議な日本語の理由とは?

滝沢カレンさんはウクライナ人の父親と日本人の母親をもつハーフですが、なぜ面白い摩訶不思議な日本語を話すのでしょうか。

現在はファッションモデル、タレントとして活躍してますがデビュー前はおかしな日本語のため事務所から注意されアナウンサーの学校に通って日本語を勉強した過去もあるそうです。

また育った環境も片言の日本語に触れることが多くその環境も影響しているのかもしれませんね。

でもバラエティ番組に出演してる姿を見てるととても頭の回転の速いひとだな~と感心させれます。

滝沢カレンがあだ名を付けた芸能人たち

出典元:南国ライフログより

大物芸能人にも物怖じせずにあだ名をバシバシつけて時にはディスっても許されるキャラはさすがだなぁと思ってしまいます。

以下、一部ではありますが滝沢カレンさんが名付けた芸能人の面々をご紹介します。

  • 笑福亭鶴瓶「快楽名人」
  • ウッチャンナンチャン・内村光良「平和代表」
  • 黒柳徹子「早口国宝」
  • 中居正広「支配抜群」
  • 明石家さんま「圧倒的口数」
  • 所ジョージ「毎日休日」
  • 出川哲朗「職業激痛」
  • IKKO「美容怪獣」
  • 石原良純「小言鉄道」
  • 嵐 松本潤「俺松本潤」
  • 高畑充希「目鼻口近」

的確すぎて思わず笑ってしまいます。

天才的な直観力、観察眼にも驚かされてしまいます。

まとめ

あだ名の名付けといえば有吉弘行さんのイメージが強かったですが、滝沢カレンさんが現れて世代交代になったのでしょうか(笑)

私個人的にはバラエティ番組『全力!脱力タイムズ』内にある「THE美食遺産」「THE絶景遺産」コーナーのナレーションには毎回腹を抱えて笑ってしまいます。

本人が狙ってるのかそうでないのかわからないですが、日本語の難しさを逆手にとって自分の世界を作ってる滝沢カレンさん。

今後の活躍がますます楽しみですよね。

エンタメ
スポンサーリンク
週末をたのしく

コメント

タイトルとURLをコピーしました