スポンサーリンク

ラバースプレーの塗り方を説明 おすすめのラバースプレーも紹介

くるま
スポンサーリンク

塗ってはがせるラバースプレーを自分の車に使ってみました。

失敗しても「剥がせるから」という安直な考えがきっかけでしたが実際に塗ってみると色々と発見があり是非これから使ってみたいと考えてる方の参考になればと思い記事にしてみました。

スポンサーリンク

ラバースプレーについて

ラバースプレーはネットで検索してみると色々種類が出てきます。

色のバリエーションももちろんですが、意外に値段にも幅があります。

私の場合は車のメッキ部をマットブラックにしたいという目的があったため、色は「マットブラック」そしてできるだけコスパ良く塗れるものをチョイスしてみました。

私が選んだラバースプレーはこれ

メーカー:株式会社エーゼット

商品名:RUBBER PAINT ZEQUE[マットブラック RP-1]

内容量は400ml

メルカリで2本で2,000円でポチっとしました。

もちろん新品でしたよ(#^.^#)大体の相場も1本1,000円前後だったと思います。

選んだ理由は

  1. 評判が良い
  2. 安い
  3. 入手しやすい

初めてのラバースプレー塗装だったので慎重に選定したつもりです(;^_^A

1の評判が良いは一番こだわりました。塗りやすさ、仕上がり、耐久性など口コミをリサーチしまくって総合的に決めました!

そして値段もわりとこなれていて失敗しても痛くない程度の金額で判断し、最後に入手のしやすさですが、この商品はホームセンター(近所の)では売っていなかったのが残念でしたが、ネットで普通にポチっとできたので問題なかったと思ってます。

ラバースプレー塗り方のコツ

ラバースプレーは比較的下地処理が厳密でなくても脱脂さえきちんと行えば綺麗に塗ることが可能です。

脱脂スプレーだけでも良かったのですが、私は塗った後の耐久性を考えて、下地には「ミッチャクロン」を使いました。

まず事前準備としてぬるま湯(25℃~30℃)のお湯に10分~20分ラバースプレーを浸しておきます。ラバースプレーは温度が低いと均一に塗料が出ずにムラになることがあるため必ずこの工程を行います。

 

今回は我が家の愛車エクストレイルのフロントグリルの雰囲気を変えたくてマットブラックに塗装しようと思います。

  1. グリルを車から脱着します。
  2. 取り外したグリルを家庭用食器洗いの洗剤で軽く洗います。(脂分もよく落ちるため、カーシャンプーでもOK)
  3. 良く乾かした後、新聞紙の上にグリルを置き均等にミッチャクロンを2往復吹き、乾燥させまた2往復吹きます。このとき吹き残しが無いように注意します。
  4. ぬるま湯に浸して暖かい状態でよくスプレーを振り、20センチから30センチの高さから均一になるようスプレーを横移動しながらムラにならないよう1往復~2往復ずつラバースプレーを吹きます。

この時、手を止めてしまうとムラの原因になってしまうため手を止めないことが重要です!!

そして1度に塗ろうと思わす、重ね塗りをしてください。ペースとしては今回のフロントグリルでは

ラバースプレー

乾燥(15分)

ラバースプレー

乾燥(15分)

ラバースプレー

乾燥(15分)

という具合に3回に分けて施工しました。

塗装前

 

 

 

 

塗装後

 

 

 

おぉ~!!我ながら上出来!! 自己満足( ´艸`)

結構雰囲気変わりますよね。

完全に乾くには24時間はかかるので爪などで傷漬けないように車に取り付けましょう!

ちなみにこのグリル1個ではラバースプレー1缶で余裕で足りましたよ・・・

まとめ

今回はラバースプレーを使って車のグリル塗装をやってみました。

グリルや塗るものによっては乾燥時間やマスキングが必要になってくるので形や大きさを考えて余裕をもってラバースプレーを準備されるといいと思います!

こんどはリアエンブレムの塗装をしてみようかなぁ(´~`)モグモグ

くるま
スポンサーリンク
週末をたのしく

コメント

タイトルとURLをコピーしました